遺言アイディア  木製のストローはいかが

放棄されたプラスティックの海洋汚染が世界的に大きな問題となり、回収が難しいプラスティックストローの廃止運動がファストフード店などで進められていることはご存じでしょう。スパゲッティ-を利用したり紙ストローに代えたりとそれぞれ工夫しているが価格など色々な問題が有るそうだ。
そこで木材を利用したストローを提案したい。

発泡スチロールトレイが普及する前の日本では薄く削った木材(へぎと言う)を利用した容器が魚屋などで利用されていた。この技術を利用できないだろうか。
杉やヒノキなどの間伐材を細く加工し、節などの部分を取り除いた柾目の集成材を作り、これから幅1cm程度の薄いテープを削り出す。このテープを紙テープと同様にらせん状に巻けばストローが作れるはずだ。
材木に出来ない間伐材の端材も利用できるので森林保護にも役立つだろうが美しい柾目や木の香が商品価値を生み出すのではないだろうか。
問題は価格だ。なにしろプラストローは1本1円より安く、代替ストロー普及の足かせに成っている。木製ストローも紙ストロー並の価格で商品化する必要が有るだろう。

"遺言アイディア  木製のストローはいかが" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント