風船ホーバークラフトの作り方

大気圧の作用を実感させるゴム風船を利用してCDディスクを浮上させるおもちゃがある。 これを低学年小学生が、しかも安価に作れることを確認したので紹介する。 https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/010/874/59/N000/000/000/159379419158138066595-thumbna…
コメント:0

続きを読むread more

ボルトン前大統領補佐官回顧録・・・国家機密暴露か

ホワイトハウスが申し立てたボルトン氏の回顧録出版差し止めは裁判所で却下され、無事出版された。 河野太郎防衛大臣がさっそく取り寄せようとしたがどこのネットでも在庫がないほど売れているそうだ。報道各社の切れ切れの断片報道では記録の裏付けもなく証明できない内容がほとんどだ。ボルトン氏が言いたかったのはトランプ大統領は国益より選挙の再選だけし…
コメント:0

続きを読むread more

中国でCVID-19第2波の恐れはないのか

毎日新聞6月14日の報道によると中国の北京の食料品市場で6人の感染者が発見され、同市場の関係者からさらに45人の陽性者が見つかったという。中国で第2波発生の恐れがありそうだ。その理由は次の2点と私は考えている。 工場の操業停止で帰った出稼ぎ労働者たちが郷里にヴィールスを持ち込んでいたとしても医療制度が貧弱な田舎では感染が見落とされ、潜…
コメント:0

続きを読むread more

アクセス数・・・・やっと3万件

5月31日に投稿数が3万0012件になりました。最初の投稿が2010年5月25日・・・その間3630日だから1日平均8.2件アクセスしたいただいたことになる。有名タレントなら毎日数千件のアクセスになるのでしょうが、有名でもなく、比較的堅ぐるしい内容にもかかわらず皆様がご愛読下さったことに感謝します。 投稿数はほぼ190件、ということは…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ人のマスクをしない自由

TV報道によるとスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどにマスクをせずに入店しようとして店員といさかいを起こす例が増えているそうだ。はなはだしくは銃で店員を威嚇した例もあるそうだ。 「アメリカはマスクをしない自由もある」というのが彼らの主張だそうだが学校でどのような教育をしているか疑問に感じる。 マスクをせずに自分が感染するのは…
コメント:0

続きを読むread more

医療用マスクや防護服の消毒と再利用について

一般用マスクは多数の国内メーカーが製造を開始し、品質の問題はあるが中国製であれば数的に充足できる状態になった。しかし高品質の医療用マスクや防護服は依然として不足し、中国製シェアの高さも問題だ。また、医療機関がこれらを廃棄するとき専門の業者に依頼する必要があり廃棄コストもばかにならない。 「マスク再生(補足)」で述べたように漂白剤は塩素…
コメント:0

続きを読むread more

マスク再生(補足)

使い捨てマスクや布マスクを漂白剤で処理するのは一見、乱暴に思われたかもしれません。しかし、調べてみると塩素系漂白剤の次亜塩素酸ナトリウムはCOVID-19汚染後の建物の消毒に利用されています。また、酸素系漂白剤の過酸化水素水は抗生物質入りクリームが普及する以前はオキシフルと呼ばれる傷口の消毒剤として使われていました。私も子供のころ(70…
コメント:0

続きを読むread more

マスクの再生(その2)

マスク再生術を医師に紹介したところ「有害でないのか?」と切り返されました。 そこで漂白剤のラベルを丹念に調べると、まあ大丈夫そうだと判ったので紹介します。 漂白剤は「塩素系」と「酸素系」の2種類がある。塩素系は「次亜塩素酸ソーダ(NaClO)と「苛性ソーダ(NaOH)」の混合物です。NaClOは水溶液中で食塩(NaCl)と発生機酸素…
コメント:0

続きを読むread more

遺言アイディア 脱温暖化に海の力を

日本国内でも温暖化の影響が肌身で感じられる今日CO2排出量低減の必要性が肌身で感じられる。 国際エネルギー機関(IEA)の報告では2018年度のCO2排出量は331憶トン、陸上の植物が吸収する分はグリーンカーボンと呼ばれ地球全体で30憶トン。海中の海藻や植物プランクトンで吸収される分はブルーカーボンと呼ばれ、20億トン程度と推定さ…
コメント:0

続きを読むread more

緊急!!! マスクの再生

コロナヴィールスの流行で国内外でマスク不足が大きな問題になっている。洗剤で洗えば2,3回は使えるとTVで報道されていたが、手もみすると型崩れする。そこで、衣料用漂白剤で試してみるといがいにうまく行ったのでお勧めする。 洗面器に規定通りに希釈した漂白剤を浅く入れ汚れたマスクを漬けて2,3時間放置する。その後、ぬるま湯で2,3回洗って乾か…
コメント:0

続きを読むread more

遺言アイディア  新しい風車を試作しました

このブログで2018年4月13日に投稿した「弱風から強風まで使える風車」で多葉翼飛行機の原理が使えるのではと提案したが、翼を扇状に広げた構造は十分な強度が難しそうだ。そこで、筒を束ねた構造を考えた。簡単に作れる構造新を思いついたので試作してみた。 図のような帯を厚紙で作り自転車の12インチ車輪の周囲に利用する巻つけ、写真の風車を作った…
コメント:0

続きを読むread more

遺言アイディア  新しい風車を試作しました

このブログで2018年4月13日に投稿した「弱風から強風まで使える風車」で多葉翼飛行機の原理が使えるのではと提案したが、翼を扇状に広げた構造は十分な強度が難しそうだ。そこで、筒を束ねた構造を考えた。簡単に作れる構造新を思いついたので試作してみた。 図のような帯を厚紙で作り自転車の12インチ車輪の周囲に利用する巻つけ、写真の風車を作った…
コメント:0

続きを読むread more

トライアスロン水泳競技場にバブルスクリーンは如何

オリンピックやパラリンピックのトライアスロンの水泳競技場である東京お台場海浜公園の水質が問題となり大腸菌量が国際基準を超えたため8月17日「パラトライアスロンW杯」水泳競技が中止された。水質も悪く、クロールで先を掻く手先が見えないほど透明度が低いと言う選手もいた。原因は大雨時に処理されない下水が流れ込む為と言われている。東京オリンピック…
コメント:0

続きを読むread more

ずさんな韓国ムン・ジェイン政権

日本の輸出管理強化問題に対する韓国ムン・ジェイン政権の対応は多くの国で呆れられている。政治や外交のことは専門家に任せるがムン政権高官の「日本の放射線が強い地域への旅行禁止を検討する」との発言は技術屋の私には余りの無知さに驚かされる。図は世界主要都市の放射線量を比較したグラフ(日本政府観光局データと会津若松市HP)だがソウルの放射線量はト…
コメント:0

続きを読むread more

英語教育以前に日本語会話教育を

8月1日の新聞報道によると文部省から全国学力テストの結果が発表された、英語正答率の低さが指摘されていた。中学3年生の正答率は、国語73.2%、数学60.3%に対して英語の「聞く」68.3%、「読む」56.2、「書く」46.4%、「話す」30.8%で、英語教育の強化が必要と論じている。ここで疑問に感じるのは国語で「話す」力が評価されている…
コメント:0

続きを読むread more

緊急!! 対韓国輸出管理問題

これまでフリーに輸出していた半導体製造用薬品の韓国内の流通経路が不透明だとして経産省は認可制にすることになった。これに対して韓国はアメリカに泣きついたり、WTOに提訴している。日本側は粛々と説明すれば理解されると冷静に構えているがWTOの常任理事国にも理知的に判断できない国が少なくない。やはり、数字をベースに説得すべきではないだろうか。…
コメント:0

続きを読むread more

SDGsを考える(7)緑を豊かに

SDGsの第15項目は「緑の豊かさを守ろう」だ。 緑の豊かな我が国でこの項目の実感は湧かないが類似の気候帯の北朝鮮では薪(たきぎ)のため木を切りつくして、はげ山だらけのひどい有様だ。山の落ち葉がもたらす養分がなくなり田畑がやせただけでなく少しの大雨でも洪水が発生し土石流が農地を破壊している。 電気やガスが普及している日本でこのような…
コメント:0

続きを読むread more

SDGsを考える(6)海を豊かに

SDGsの第14項目は「海の豊かさを守ろう」だ。 海のプランクトンは最大のCO2吸収源だから温暖化対策上からも重要な項目と言える。 植物プランクトンを餌にする魚や貝が骨や貝殻を作る炭酸カルシュームの形でCO2を固定して海底に沈殿させる。植物プランクトンの一種の珪藻自身も炭酸カルシュームの殻を作る。従って海を豊かにすればCO2を減らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童の野外観察に便利なビー玉顕微鏡

レーウェンフック(1648~1723)は1670年頃、直径1mmのガラス玉をレンズにした顕微鏡を作り、微生物などを観察し、さまざまな微生物を発見した。小さなレンズと観察対象の位置調節のために複雑な機構を利用している。 大きなビー玉で試してみたらルーペより大きな拡大率が得られ、ることが判った。 採光を考えるとビー玉を透明な材料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SDGsを考える(5)健康問題

SDGsの第3項目は「全ての人に健康と福祉を」だが、日本人の健康問題を21世紀の残り80年間のスケールで考えると次の3点だろう。 1)温暖化による熱帯病の北上 2)パンデミック(世界規模の病気大流行) 3)高齢者の健康問題 1)についてマラリアやジカ熱など熱帯蚊が媒介する病気の流行で、熱帯蚊の生息域が北上するだけでなく冬季に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more