ずさんな韓国ムン・ジェイン政権

日本の輸出管理強化問題に対する韓国ムン・ジェイン政権の対応は多くの国で呆れられている。政治や外交のことは専門家に任せるがムン政権高官の「日本の放射線が強い地域への旅行禁止を検討する」との発言は技術屋の私には余りの無知さに驚かされる。図は世界主要都市の放射線量を比較したグラフ(日本政府観光局データと会津若松市HP)だがソウルの放射線量はトップクラスで福島原発に近い南相馬市やいわき市より多い。福島県への旅行が危険ならソウルはもっと危ないことになる。

世界主要都市放射線量.jpg

放射線量は1mSv/年以下であれば健康影響は小さいと言われている。この値は0.114μSv/時であり0.117μSv/時のソウルと同レベルだ。

ちなみに世界で放射線量が高い都市はインドのケララ市(1.05μSv/時)、ブラジル・カラバリ(0.63μSv/時)、イラン・ラムサール(0.54μSv/時)など、10倍~5倍だがこのような強度でも大きな健康影響が有るとの情報は無い。

いずれにせよろくに調べもせず、思いつくまま発言するムン・ジェイン大統領の取り巻きは世界の物笑いを招くのではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント