テーマ:日本文化

アジアに棚田が有ってヨーロッパに段々畑が少ない理由

アジアの米作地帯では至る所で棚田が見られる。日本はもとより中国、フィリッピン、インドネシアなどだ。 しかし、ヨーロッパでは地中海沿岸の果樹園などを除くと段々畑はほとんど見られない。 中国の黄土高原で段々麦畑が見られることから麦作でも段々畑が不向きと言うことではなさそうだ。ただ、黄土高原は草原が芽吹くと黄砂に覆われ、これが長期間繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交通信号の「進め」がミドリじゃない理由

「進め」の交通信号は緑色だが「青」と呼ばれ理由は、NHKの「ちこちゃんに叱られる」と言う番組で交通法規に「青」と規定されているためと説明されていた。それは否定できないが、ではなぜ「青」と呼ばせたのかと言う理由は判らない。 この理由は日本人が緑を表す言葉が非常に多いので特定できなかったと言う、少し乱暴な解釈ができるかも。インタネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化レベルとお菓子の種類

若いころ著名な陶芸家に都市の文化レベルとお菓子の種類は関係が有るのでは、と問いかけられた。池田総理の所得倍増計画以前の時代の貧乏学生だった私には答えれられなかったが社会に出てお菓子を買える程度の経済的余裕が出てくるとこの言葉が思い当たるようになった。 菓子だけでなく一瓶千円程度の物から数十万円のものまで店頭に並ぶワインやウイスキーまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉が無くなるとき

日本語は割と変化が激しい言語だ。日本語が万葉仮名(漢字)で表記されていた奈良時代はサ行はチャ、チ、チュ、チェ、チョで、ハ行はパ、ピ、プ、ぺ、ポ、「みやこ」は「ミヤクォ」と発音されていたと教わった。また、桃山時代に宣教師が作った地図に博多はFAKATAと表記されていた。 現在でもかなりの変化が続いているようで、たとえば百万円を「ヒャクワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝殿造りはワンルームマンション

寝殿造りは広大な庭園と幾つもの建物が配置される平安時代貴族の豪邸だが、一つ一つの建物はワンルームマンション構造だ。 天平時代の邸宅は寝殿造りより遥かに小ぶりだが法隆寺の伝法堂(橘夫人邸)に見られるようにやはりワンルームマンションだった。 これに対して寝殿造りは宇治の平等院を見られるように建物の全面に床が張られ、三方は廊下で囲まれ天平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

襖絵と屏風絵

大学教養部の芸術学講義で上野照男先生から絵画は建物との関連を考えて鑑賞する様にと教わった。 例えばレンブラントの時代までは厚い石作りの建物の小さな窓から入る光で照らされた人物像が描かれていたがフェルメールは広いガラス窓からの光を浴びる人物像を描いている。建物の進歩に大きく影響を受けた例だ。 また、システィナ礼拝堂のミケランジェロによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超楽しい 名曲アルバム +

NHKで10年近く以前から放送されている「名曲アルバム」は5分間に編曲したクラッシック中心の音楽番組だ。学校で習った懐かしい曲をヨーロッパの古い街並みや自然の景観をバックにした映像とともに気軽に楽しめる。クラシック音楽の入門にも向いているだけでなく観光気分で楽しんだり、ヒーリングに利用できる。 最近、クラッシック音楽とアニメーショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私が俳句に幻滅した瞬間(とき)

ほとんどの日本人が俳句を身近に感じ、親しみを持っていると思う。私も、小・中学生の頃は有名な句を思い浮かべては色々と想像を巡らせていた。「古池や蛙飛び込む水の音」の古池は杉の大木の木漏れ日が揺らめく深山の古寺の池だろうか、あるいは水面すれすれに雑木林の枝々が伸びている里山の溜め池なのだろうか、などなどだ。 ところが、この「古池」は或…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックのエンブムレム問題を考える

佐藤健次郎氏デザインの2020年東京オリンピックの公式エムブレムが白紙に戻されると9月1日に発表され、国内だけなく複数の海外のニュースにも取り上げられたことはご存じでしょう。採択直後から模倣や盗用の有無が取り上げられていたが、意地悪く考えると、独自性と言う点では、真似でない、著作権に抵触しないと言うレベルでしかなかったとも言える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

COOL JAPANの原点

海外の多くの国でアニメや漫画あるいは日本食が深く浸透していることは良く知られている。Obentoがフランス語の辞書に取り入れられ、味覚の一つであるUmami(うまみ)が広く認識され始めている。また、里山や里海の効用が環境問題専門家や自然保護運動家に次第に認識され始めている。 極めつけは「カワイイ~」が多くの国の若者に広く取り入れら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more