テーマ:国際会話術

韓国バッシングは醜い

最近は韓国を悪しざまに書いた何種もの書籍が本屋に平積みされている。読者が多いから出版されるのだろう。ベトナム戦争時の韓国軍の悪行、韓国自身の歴史のねつ造、などなどのキャッチコピーが羅列されている。 週刊誌も同様だ。最近では旅客船の沈没、地下鉄の追突、完成間近のビルの倒壊などを鬼の首を取ったかの様に報道している。福知山線の事故、関西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ホメ伸ばし

子供のしつけで「ほめて伸ばす」と言うテクニックが有るそうだが色々な局面で応用できると思う。 技術士会栃木県支部では国際交流活動の一環として中国浙江省の技術者を2013年10月に招待して宇都宮近郊の企業などを案内した。私は直接関係しなかったが、訪問団の感想文に接することができた。そこには丁寧なお礼とともに一様に、日本の街や工場内の清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバル化と英語教育

グローバル化に対応するため英語教育を小学4年生まで課する勧告が出されている。この考えは正しいのだろうか。グローバル化の必要条件が時代とともに変化しているはずだ。例えば1980年代頃までは欧米の方だけを向いていれば良く、日本人は欧米の文化や科学、技術を吸収する一方だった。言語の面では、かつては英語かドイツ語、ロシア語あるいはフランス語のい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞記者の落とし穴にはまった猪瀬知事

猪瀬知事がニューヨークの記者会見で2020年のオリンピック開催地選抜で競っているトルコを間接的に避難したことが新聞に報道された。米人記者がトップリーダーたちに仕掛ける落とし穴にはまったのではないだろうか。 『国際会話(その1通訳の機転){2010年7月15日}』で紹介した中曽根元総理に対してある記者が「米国の大リーグが日本のプロ野…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界を驚嘆させた被災者の方々

東日本大震災から2年。被災者の方々の規律と思いやりに満ちた行動は世界の人たちに感銘を与えたそうだ。元世界銀行副総裁 西水美恵子氏の非常に印象深いコラムが毎日新聞2月10日号に掲載された。読者数がそれほど多くない新聞だからご覧になってない方もいらっしゃると思い、その一部を転載します。 副総裁時代の元部下の女性から「これが世銀やIMF…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞き流し方式の英語勉強

聞き流し方式の英語学習CD がTVで盛んに宣伝されている。私はこのメーカーのCDを利用したことはないが聞き流し方式は有効だと考えている。 30年ほど以前に発売されたチェイサーと言う、オーソン・ウェルズが吹き込んだテープを利用した。2,3回目からは日本語を意識せず、直接英語で内容を聞き取れるようになった。 もう一つは小倉書店か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス革命は偉大だったか?

フランス人は様々な面でフランスの歴史や文化を自慢したがる。特に、フランス革命は「自由、平等、博愛」を宣言した偉大なものだったと自慢する。 「自由、平等、人権」はアメリカ独立宣言の引き写しだと反論しても、哲学教育で理論武装しているフランスの人たちを納得させることは難しい。やはり、定量的な、つまり、数値データで説得するしかなさそうだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己主張の激しい韓国人

韓国人の自己主張の激しさには辟易させられることが多い。例えば「日本海」を「東海(トンヘ)」と呼ばそうと各方面に働きかけていることも有る。韓国では古くからそのように呼ばれてたのだろうが自国の東に位置するからと言う理由が国際的に容認されれば各地で混乱が起きかねない。ペルシャ湾、イギリス海峡なども名称変更の申し立てが起こる可能性がある。 {…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国の州のニックネーム

アメリカの洲は正式名称とニックネームも持っている。BSのスポーツ中継でちらりと出たりするので、有名な物を知っておくと楽しい。 *カリフォルニア州 (Golden State) ;ゴールドラッシュにちなんでいる。1847年にスペインから獲得し1848年に砂金が発見された。そして翌年の1849年のゴールドラッシュで押し掛けた人達は49…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定義と分析が下手な日本人

日本語があいまいだから、と日本語に責任をかぶせる人が居るが、コンピュータによる自動翻訳を研究している人たちの間では日本語は非常にしっかりとした言語と言うことが定説になっている。やはり、使っている日本人の頭があいまいなのだ、と考える方が正しそうだ。 ポイントは話題の対象に対する定義と分析の不足ではないかと考えている。日本民族は縄文人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず、アメリカの「自由」について

アメリカ合衆国(以下、米国)の共和党候補選挙は保守派と穏健派を真2っに割った激戦の最中だ。ロムニー氏はマサセッツ州で成功を収めた医療保険制度を持ち出したくてうずうずしているようだが共和党保守派市民たちがそれに反対している。 保守派の意見を大略すると「病気の治療を現金で払うか、保険に頼るか、は本人の選択の自由であり、国が口をはさむ問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPPの不安な点の一つ 交渉力の弱さ

TPPをアメリカが主導している点に少なからぬ日本人が不安を感じている。これまで、自動車や牛肉などの貿易交渉で日本が不利な条件を飲まされて来た事実を思い起こすからだ。 日本人は平安時代から江戸時代まで、外交交渉の機会が少なく、教育や訓練、あるいは経験が足りないのだろう。そのような場合は頭で考えるしかない。 政治や経済に疎い私だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストライクとストライキ

日本人にカタカナ語は日本古来の言葉と外国由来の言葉を区別する便利な表記だが、日本語を学ぶ外国人は非常に難しいと言う。母国語の単語が限定的な意味や別の意味で使われたりするから混乱するらしい。例えば、カルタ、カルテ、カードはポルトガル、ドイツおよび英語圏では同じ物を指しているが日本語では全く別ものだ。 同様の例は、ナイフとメス、ランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人に説明しやすい正倉院の宝物

社会的地位が高まると、ふさわしい会話が必要だ。海外でのランチョントークで経済の話を持ち出されると技術系の私は付いて行けないので、先手を打って正倉院の宝物をしばしば紹介した。ほとんどの人が初耳の話題だが簡単に興味を持たせるテクニックが有る。 アメリカ人には丸い胴の阮かん(げんかん)の写真を見せ、「バンジョーそっくりでしょう」。相手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本文化を紹介する英語

昨年11月、ヤップ島で、ロシア人のマクドナルド社員に、絹とつむぎの違いを説明する、想定外の苦行を強いられるハメになった。冷や汗と脂汗をタップリかきながら30分ほど時間を掛けて説明したが少しは納得して呉れたようだ。 突然の事だから、まず、相手の日本知識度を推定して話の切り口を考える。数年日本に滞在しているし、実際につむぎに触れた感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすがはプロの通訳士

岩手県で開催されたある国際学会で、貸切りバスを連ねて八幡平の半日エクスカーションを楽しんだ。外国からの参加者のために、バスに同乗していた通訳の資格を持つ二名のご婦人が交代でバスガイドの説明を英語に翻訳してアナウンスした。バスガイド嬢の下手なダジャレを適当に省いたり、説明をつけ加えたり、日・英両方を聴き比べると大変に面白いものだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の侮辱語と差別語

ある程度以上の地位にあるビジネスマンは侮辱語や差別語に配慮しなければならない。本人の品位や教養を疑われる以上に、気付かずに相手の感情を害する事があるためだ。 下品な言葉から上品な言葉、相手に配慮した言葉まで、次のように5段階に別けられる。 レベル      内容など 5.侮辱語・・・・・・・・意図的に他人を傷つけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の方言

日本語でも鹿児島弁や東北弁を丸出しされると全く理解できない事がある。英語もかなり方言があるようだ。ただし、私が何とか聞き取れるのはBBCのアナウンサーの英語だけだから以下の文章は少し割り引いて読んでください。 イギリスは正しい英語だけで会話されていると思っていたが映画の「マイフェアレイディ」でコックニーと呼ばれるロンドン下町訛り丸…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英語資格試験の私の準備方法

会社勤めのころ実用英検2級以上、後にTOEIC600点以上を取得しないと海外出張が許可されなかった。それを目指してねじり鉢巻で頑張ったのだか準備段階の勉強方法のこつを掴むと基準のクリアはそれほど難しくないことが判った。 まずは試験の1ヶ月ほど前から普段より早起きして30分ほど問題集で練習する。これで、朝一から頭をフル回転させられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト? (一文字違い)

英語には1文字で意味が変わる単語がある。最近、とみに話題に上るマニフェストも辞書で調べるとmanifestは船や飛行機の「乗客名簿」のことで、政府や政党の公約や声明はmanifestoであり、発音はマニフェストウが正しいようだ。また、suit(スーツ、揃い)とsuite(スイート、組)である。また、concert(コンサート、演奏会)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の丁寧語

「英語は敬語が無いので楽ですね」と言った人が居るがとんでもない。英語の丁寧語は日本語より遥かに段階が多く、使い分けが大変だ。脇山怜氏は「窓を開けろ」から「もし、差し支えなければ窓を開けていただけないでしょうか」まで次の9段階の例を示している〔「英語表現のトレーニング」、講談社現代新書(1990年4月)〕 商品の買い付けだけなら丁寧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国際会話 (その6 オペラとオーケストラ)

ドイツ駐在経験を持つ知人がぼやいていた。「お前たち日本人はオペラやオーケストラを見に行かない。仕事だけしかできない文化後進民族だ。」とさげすまれたというのだ。このようなとき次のように反論してはいかがですか。 「あなた方、ドイツ人はヨーロッパ文化だけ勉強すればよいけど、日本人はヨーロッパ文化だけでなく日本文化、更には中国文化も勉強し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際会話 (その5 味噌汁の味)

欧米の人たちに日本文化や習慣を紹介する時は成るべく欧米文化と対比しながら説明するのがよい。方法や形が違っていても共通点が有るものや全く発想が異なるものもあることを短時間で理解させられる。 日本を調査旅行中のポーランドの某大学学長夫妻と和食で会食した時のことだ。「日本に来て何度も味噌汁を飲んだのですが、いつも味が違う。なぜですか。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際会話 (その4 ウラジオストック)

冷戦真っ只中のころ、或るユダヤ系アメリカ人教授と昼食をした。部下の留学を受け入れてもらうために三星のレストランも顔負けの社内のクラブでもてなした。専門の話が弾んでいたとき、ヤブカラボウに「おまえはロシアをどう思うか」と質問された。相手の意図がつかめないので当り障りの無い答えをすることにした。 「ロシア人は素朴だから仲良くできると思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際会話 (その3 日本の面積)

ベトナムから難民が粗末なボートで他国に亡命していた時代に海外出張したとき、ホテルのロビーで人待ちをしていたところ初老の見知らぬアメリカ人男性がつかつかとやってきて私に怒るのである。「日本は難民をまったく受け付けていない。不公平である。ケシカラン。」と。 頑固オヤジが来たな、と感じ取ったのでまずニッコリと微笑んだ。そして 「貴方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際会話  (その2 アメリカの魂)

ソニーがアメリカの映画会社を買収したときのことだ。記者会見で英語の堪能な盛田会長は通訳の助けを借りずに独りで応対しておられたが「アメリカの魂を買収するのか」と言うトゲトゲしい質問に立ち往生してしまわれた。 この部分が米国内のニュースで報道され、一時期のアメリカ国民に好ましくない印象を与えたと言われている。國弘さんのような気の効いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際会話   (その1 通訳の機転)

英語の社内公用語化を目指す企業が現れるなど、サラリーマンに英語習得のプレッシャーが掛かっている。社会的地位が高まるとともに「英語出来ます」だけのビジネス会話を越えた、一層高度な国際会話が必要に成る。自分の人間性を相手に知ってもらったり、ウィットで相手の攻撃をかわしたりすることが時には必要に成る。日本人同士の会話でも良いので日頃練習してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食材の和英対訳表

初対面の人たちと会話をスムーズに始めるときは話の糸口がキーポイントだ。会食の場合は料理や食材の名前を聞いたり、教えたりすると緊張がぐっとほぐれる。料理や食材のことを質問しても恥ずかしく無く、ニュートラルな話題だから警戒せずに会話を始められる。勤めていた会社は毎年オクラホマ市の教師を日本に招いていた。そのパーティー用に日本人側に日本食材の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇足

「蛇足」を英訳する時、legs か feet か迷った。中国語は「あし」を足と脚で明確に使い分けているから 足はfeet と訳せばよい事がわかる。同様に「あぶら」は油(oil)と脂(fat)、「かげ」は影(shadow)と陰(shade)が使い分けられ「つくえ」は机(desk)と卓(table)も使い分けられている。電卓(卓上電子計算機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の公用語化

楽天が2012年に社内公用語を英語にすると2010年6月30日に発表した。ユニクロも2012年3月までに英語化し、TOEIC700点レベルの英語能力を社員に求めると発表している。 これに関して毎日新聞2010年6月30日付のコラム「水説」で潮田道夫編集委員が「TOEIC700点程度では使い物にならず、国際交渉を想定するなら900点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more