カーボンニュートラを実現できるか (その2)

前号で陸上植物(グリーンカーボン)や海洋の植物プランクトンと海藻(ブルーカーボン)は自身重量の1.5倍のCO2を吸収すると説明した。 自然エネルギーなどの導入効果で2050年のCO2排出量が3億トンまで減少したできるとすれば2億トンの植物性細胞を育てればよいことになる。ただ、日本は森林の大部分が成熟している(成長している樹木と枯死し腐…
コメント:0

続きを読むread more