COVID-19のヨード水消毒問題

うがい薬のポビドンヨードによる口腔洗浄でコロナヴィールス病(COVID-19)の治療に効果があると大阪府知事が発言し、薬局の棚が空になるだけでなくNETでは正価の何倍もの値段で販売されたことはご存じでしょう。しかし、効果が確認できないとの結果が明らかになり、この空騒ぎは急激にしぼんだ。
この報道で、口腔だけの洗浄という点に私は疑問を感じた。PCR検査は唾液を使う方法もあるがやはり主流は鼻に綿棒を差し込む方法だ。これはコロナヴィールスが感染者の口腔、鼻腔の両方に存在していることを示している。大阪の実験も口腔と鼻腔の両方を洗浄すれば結果が違ったかもしれない。
鼻腔を真水で洗浄すると沁みてかなり痛いが私は花粉の洗浄に生理食塩水を利用して花粉症対策に利用した(2015年3月6日投稿)。生理食塩水は1.4%の食塩水で、簡単に作れる。50mℓの食塩水にイソジンを2滴たらした液で試してみたが刺激も悪臭もなく問題なく鼻腔を洗浄できた。
発症した人の治療に利用できるかもしれないし、会食の参加者全員に実施させれば感染防止できる可能性がある。
専門家の方たちに効果を確認していただけると有り難いと考えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント