6÷3=2には二通りの解釈が有る

算数の式はただ一つの回答を出すものだが数式は言葉だから意味が違う複数の答えが有る場合もある。
「分数の割り算(2010年6月10日投稿)」で割り算には次の二つの意味が有ることを示した。
・除数で分割する
・被除数の中に除数が含まれる数を求める
従って割り算の結果は二通りの答えがでる場合が有る。
例えば上図のような6ピ-スのケーキやピザを3人で分ける場合、中図のように一人2ピースずつに成る。
しかし、3ピースずつ分ける場合は下図のようになる。
どちらも6÷3=2だが結果は違いますよね。「÷」の解釈の違いで結果が異なると言う簡単な例です。
ちなみに6÷2=3の場合は2人で分ける場合は下図で、2ピースの3組に分ける場合は中図ですよね。

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック