ISは今後どう出るか

バクダディ指導者がイスラム国(IS)の樹立を宣言した地であるイラクのモスルが陥落寸前だ。シリアのラッカも包囲網が縮まりつつあるがISの活動が低下するとは思えないとする人が多い。
水銀の玉を叩き潰しても四方八方に飛び散るだけのようなものだと言う。ヨーロッパ各地で発生したテロ事件やアフリカのボコハラム、あるいはフィリッピン・ミンダナオ島のゲリラなど、ISがらみの騒動は収まるどころかますます広がりつつある。
これまでの税収や軍事力で権力が定まる時代は支配する地域(実質空間)を失うと政治権力を失っていた。しかしSNS時代の今日、NET空間をがっちり押さえていれば影響力を維持し続けられるのでモスルラッカを失ってもISの勢力(少なくとも影響力)は続くという考え方のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック